おいしいを、たのしく、 WEST FOOD PLANNING

お問合せ
SOTRY OF NUMBERS

人生の楽しさを教えてくれたすべての人に、元気を返したい

石田慎一郎

こだわり麺や
店長

働く環境、ともに頑張る仲間その魅力のとりこになって

ウエストフードプランニングとの出会いは、学生時代です。高校の先輩から「ここのバイトはおもしろいよ」と紹介してもらったのがこだわり麺やでした。
すぐにその魅力の虜に。お客様が美味しいと喜ぶ笑顔を見られることはもちろん、なにより魅力を感じたのは、共に働く人。お子さんの体調が悪く、出勤できなくなったパートさんの替わりに出勤した時などにまわりの人からかけられる「ありがとう」や、社長や社員からの「いつもありがとう。助かるよ」という言葉。感謝の言葉がとても多いんです。相手を思いやって、大切にしている。仲間として認めてくれている。そういう距離感で接してくれる、同じ想いの人が集まっている環境に、とても魅力を感じました。働くことがすごく楽しかったですね。

「この会社と共に生きていく」と覚悟を決めて、社員に

「この環境でこれからの人生を歩みたい」
と覚悟を決め、楽しく生きるぞと期待に胸を踊らせて、社員になりました。22歳で、自ら手を挙げ、店長職に就くこともできました。
ですがアルバイトから社員、そして店長の仕事を任される様になり、責任感の重さの違いに戸惑うこともありました。バイト時代は失敗してもクレームをもらっても、店長や社員が守ってくれており、その後も同じように働けていました。自分が社員になるとその立場が逆転。今度は自分がアルバイトを守る側になります。さらに店長になると店舗の経営も担い、スタッフを幸せにするためにどうするべきかまで考えなければなりません。お店に関わる全ての人の人生に責任を持つことになるのです。正直言うと、大変でくじけそうになることも多くありました。ですが、日々頑張る中で、ふと気づいたことがあったのです。その気づきがあってから、一気に気持ちが楽になりました。

どんな時も、立ち返るのは「一杯に魂を込める」という初心

それは「お客様に笑顔で元気になってもらおうという気持ちを常に持っていれば、どんな問題も解決できる」という気づきでした。そこに立ち返ればいいんです。これはバイト時代から変わらない原点ともいえる気持ち。社員はそれをさらに熱く、強く持てばいいのです。お客様が笑顔で、元気になってくだされば、お店は繁盛し、そのことはスタッフの幸せにも繋がります。それで店長としての責任が果たせるし、抱えていた不安や悩みも解決します。
店長になればもちろん責任は増します。でもその責任を果たすために、原点である気持ちを一層に強く持てば、よりたくさんのお客様の顔が見えるようにもなる。背負う責任の大きさに比例して、より大きなやりがいや喜びが返ってくるのです。いまはお客様はもちろん、もっともっと社員、パート、アルバイトの仲間たちを笑顔にしたいと思うようにもなりました。そのためにも
「一杯のうどんに魂を込めよう。想いを込めよう」
と、いう気持ちで邁進しています。
いまお店には毎日100人以上の常連さんがいらっしゃいます。その方たちに元気で恩返ししたい。次に、会社に結果で応えたい。そして、いつかはSVになって、会社を支えていきたい。この仕事の魅力、楽しさを教えてくれたウエストフードプランニングの仲間に、恩返しがしたい。それが目標です。そしてそれを追い求めることがとても楽しく、生きがいになっています。

ページトップへ